NEWS

「世界一わかりやすい『坐禅』の指南書(DVD)」をリリースしました。

◉坐禅は、心身のコンディションを整える技法

坐禅は、僧侶の修行だけでなく、心を落ち着かせたり、精神を集中したり、リラックスするための方法として、年齢・性別・職業・国籍を問わず、注目を集めています。
修行僧に限らず、坐禅を通して、

・「疲れた気持ちをリセットしたい」
・「自分を見つめ直したい」
・「すっきりと落ち着いた気持ちになりたい」
・「集中力を身に付けたい」

という人が増えています。
坐禅体験会を催す寺院も人気で、ヨガやアロマテラピーと同じように、「心身のコンディションを整える」ための選択肢として、多くの人に親しまれています。

 坐禅は、「坐るだけ」なので、「家」でも「誰でも」できます。

 ただし、正しい手順、正しい作法を覚えずに、見よう見まねで坐っても、坐禅の恩恵を受け取ることはできません。

 そこで、正しい坐禅の作法を「誰もができるように、わかりやすく、丁寧に解説」したのが、『大愚式 坐禅のススメ』です。

ひとつでも当てはまった人は、坐禅をおススメします。

□ 過去の出来事を悔やんだり、嘆いたりしてしまう
□ 将来に対する漠然とした不安がある
□ 他人と自分を比較してしまう
□ 周囲の目線や評価が気になる
□ 最近、集中力が続かなくなった
□ どの道を選べばいいか、決められない
□ プレッシャーに弱い。本番に弱い
□ クヨクヨしがちで、心配事が頭から離れない
□ 仕事の手際が悪く、時間通りに終わらない
□ 目標を達成したことがない
□ なかなか行動に移せない

====================

◉すべての問題の答えは「自分の内側」にある

そもそも仏教は、なぜ、坐禅を行うのでしょうか。
坐禅は、仏教の修行法(瞑想法)のひとつです。坐して心を集中し、静かに自分と向き合います。

 お釈迦様は、さまざまな苦行によっても「悟りは開けない」と自覚し、ブッダガヤ(インドの都市)の菩提樹の下で、坐禅によって悟りを得た、と言われています。

 とくに禅宗(仏教の一派)では、「すべての答えは、自分の内側にある」と考えていて、

・「精神を集中して自分の心と向き合う」
・「自己の真実の姿を知る」
・「迷い、煩悩、執着を捨て去る」

ための手段として、坐禅が修行の中心をなしています。

 大量生産・大量消費の物質的な「外の世界」から離れて、精神的な「内側の世界」の豊かさに目を向けなければ、私たちの心は、いつまでも満たされることはありません。
 では、どうすれば「内側の世界」の豊かさを手に入れることができるのでしょうか。人々の心を内側から整えるひとつの方法が、坐禅なのです。

====================

◉座禅で得られる5つの効用

 修行僧(僧侶)は、「悟りを開くため」に坐禅を行いますが、修行僧ではない私たちでも、坐禅の恩恵を受けることができます。 
 坐禅をすると、どのような効用を得られるのでしょうか? 坐禅は、私たちにどんな変化をもたらしてくれるのでしょうか?
 坐禅には、以下の「5つ」の効用があります。

【その1】 「緊張」や「ストレス」から解放される

 体の姿勢を整え、正しい呼吸法で坐禅をすると、余計な考えが少しずつ消え、リラックスした状態になります。すると「過去の後悔」や「未来への焦り」がなくなってきて、「今、この瞬間」に集中できます。
 また、呼吸は、自律神経の働きと密接に関わっているため、坐禅によって呼吸をコントロールすると、疲労の回復を早めることができます。

【その2】 「正しい判断」ができるようになる

「緊張」や「ストレス」から解放されると、心身がフラットな状態になります。プレッシャーに押しつぶされたり、感情に振り回されることがなくなるため、「正しい判断」ができるようになります。

【その3】 「正しい行動」を取れるようになる
 心が整うと、迷い、ためらい、不安を手放すことができるため、行動のスピードが速くなります。無駄な行動に時間を取られなければ、目の前の仕事に100%の意識を注げるので、生産性が高くなります。

【その4】 「物事の本質」が見えるようになる

「本当に大事なことは何なのか」「その出来事の源泉には何があるのか」がわかるようになるため、「無駄なこと」と「必要なこと」の見極めができるようになります。
 やることなすこと、すべてが芯(本質)をとらえるので、ヒットを打つ確率(物事が成功する確率)が上がります。
 故・スティーブ・ジョブズが、アップル製品の開発において、「不要な要素をそぎ落とす」ことにこだわったのは、「これは必要ない」と言い続けることで、「最後に本質が残る」と考えていたからです。

【その5】 人間関係が安定する

坐禅によって、「真我(しんが:本当の自分)」に目覚めると、同時に「相手のこと」もわかるようになって、慈悲の心が芽生えます。正しい思考で、正しい行いができると、人間関係が安定します。相手とぶつかることがなくなり、楽しく、穏やかに生きることができます。

====================

◉世界一わかりやすい坐禅の指南書

『大愚式 坐禅のススメ』は、「大叢山福厳寺(だいそうざん ふくごんじ)」の大愚元勝住職が教える「世界一わかりやすい坐禅の指南書」です。
僧侶が身につけている「坐禅の作法と極意」をもれなく、わかりやすく、解説しているので、坐禅を体系的に学ぶことができます。

====================

◉『大愚式 坐禅のススメ』の5つの特徴

○特徴① 坐禅の基本が身につくトレーニングビデオ

坐禅に入るまでの準備運動から、一連の動作の実践まで丁寧に解説してあるので、初心でも、坐禅の基本が身につくトレーニングビデオです。

○特徴② 坐禅の「歴史」を学べる

「なぜ、仏教にはさまざまな宗派があるのか」「なぜ、仏教では坐禅をするのか」「お釈迦様はどのようにして悟りに至ったのか」など、仏教・禅・坐禅の歴史を学ぶことができます。

○特徴③ 坐禅のメリットが明確になる

「坐禅をすることで、どのような変化が期待できるのか」「何のために坐禅をするのか」、坐禅のメリットがわかります。

○特徴④ 「本物の作法」を学ぶことができる

「足の組み方、手の組み方、上体の姿勢、呼吸の仕方、視線の位置」など、正しい坐禅のしかた」が覚えることができます。
『大愚式 坐禅のススメ』では、今から約540年前(1476年)に創建された「大叢山福厳寺」の大愚元勝住職(第31世)が講師・監修を務めているので、現役の住職が体得した「本物の作法」を学ぶことができます。

○特徴⑤ 「よくある質問」にも丁寧に回答

大愚元勝住職が「坐禅の師」となって、「自分がしている坐禅が正しいかわからない」「坐禅中に眠くなったらどうしたらいいですか」「1日のどの時間帯に坐禅をすればいいですか」といった疑問に、丁寧に答えます。

====================

◉購入者特典

大愚和尚による「聞くだけで坐禅が上達する特別音声」をプレゼント。

大愚式坐禅のススメ、ご購入の方全員に、大愚和尚の指導による、「初心者でも聞くだけで坐禅が上達する特別音声」をプレゼントいたします。
この音声を聞きながら坐禅をすることで、より短時間でより深い坐禅体験ができます。
坐禅初心者の方でも、大愚和尚の指導に沿いながら、取り組めますので、繰り返し聴いて、坐禅の型、集中の技法を体得してください。

・坐禅指導特別音声ファイル
・MP3ファイル(34分)

====================

◉商品詳細

○価格:¥18,360(税込)
○ディスク枚数:1
○販売元:ナーランダ出版
○発売日:2018/8
○DVD収録時間:2時間36分

====================

◉収録内容

第1章:坐禅の「心」
・はじめに
・講師自己紹介
・坐禅の歴史
・坐禅と仏教の関係
・坐禅における2つの目的
・坐禅の注意点1
・坐禅の注意点2

第2章:坐禅の「体」
・坐禅に必要な6つの準備
・背骨を作る準備運動
・坐禅の座り方
・手の組み方
・目の置き方
・口の中の状態
・一連の動作の実践

第3章:坐禅の「技」
・坐禅にまつわる技術
・精神と肉体の観察
・自分との対話
・内側に向ける意識
・心を観る
・呼吸法
・集中の技法のまとめ

第4章:坐禅Q&A
・音楽を流しながら坐禅を行ってもいいでしょうか?
・1日のどの時間帯に坐禅をすると良いですか?
・自分のしている坐禅が正しいかどうか不安です。
・ケガの後遺症でまっすぐな坐禅の姿勢がとれません。
・坐禅中眠くなった場合はどうすればいいでしょうか?
・坐禅中の呼吸は腹式呼吸でしょうか?

====================

《講師プロフィール》

大愚 元勝(たいぐ げんしょう)

昭和47年8月生まれ。宗教法人福厳寺住職。慈光グループ代表。(株)慈光マネジメント代表取締役。空手道MAC小牧支部長。慈光会館代表。空手家、セラピスト、社長、作家など複数の顔を持ち、「僧にあらず俗にあらず」を体現する異色の僧侶。僧名は大愚(大バカ者=何にもとらわれのない自由な境地に達した者の意)。

3才で経を習い5才で葬儀デビュー、10才で僧籍を取得するも、厳しい師匠や堅苦しいしきたり、「お寺の子」と噂される重圧に反発して寺を飛び出す。紆余曲折を経て32歳で起業。仏教理念に基づいた、社員、お客、売上げに恵まれるシステムを構築して複数の会社を立ち上げる。38歳の時、再び僧侶の道を歩むことを決意。インドから日本に至るまでの仏教ゆかりの国など世界23カ国を旅し、自身の僧侶としてのあり方や寺院のあり方を問い直す。

現在は福厳寺の興隆に尽力しつつ、講演、執筆、WEBサイトやYoutube・Facebookなどを通じ、「生き方」と「働き方」を人々に伝えている。三菱東京UFJ銀行、各務原商工会議所、株式会社ダイキエンジニアリング、富良野小学校、小牧市立桃陵中学校など多数。また今後福厳寺にて開催予定のテンプルステイには、各方面から期待が集まる。

https://youtu.be/VE131fTjGAg

====================

【 大愚式オリジナル坐蒲(ざふ)坐禅用 】

坐禅を日常生活に取り入れるために最適化された、オリジナル坐蒲。

坐禅を行うときに用意したいモノの一つが「坐蒲(ざふ)」です。余計なものは削ぎ落とし、シンプルな坐りやすさを追求し、細部にこだわってつくったオリジナルの坐蒲は、日常に坐禅を自然なかたちで取り入れるためのツールです。

実際に坐禅を日課として行なっている大愚和尚をはじめ、僧侶たちの意見を取り入れ、試作品を繰り返しながらこのたび商品化することができました。

============================

【おことわり】

商品は1つ1つ手作りのため、ご注文が殺到した場合には恐れ入りますが、制作からお届けまでに日数(2週間〜1ヶ月)をいただく場合がございます。随時メール等で連絡させていただきますが、予めご了承ください。

============================

「世界に知恵の花束を」ナーランダ出版
本社:〒485-0802 愛知県小牧市大草5216-10
mail:info■■nlpublish.net(■■を@に置き換えてください)

Copyright (C) Nalanda Publishing Online Store . All Rights Reserved.